スタッフブログ

HOME » スタッフブログ

月下美人

サンリツ本社

富山県中央植物園で6/30と7/1に月下美人の展示が行われました。

植物園は通常は17時に閉園されますが、

毎年月下美人の開花時には特別に夜間開園(19時から21時半まで)されることになっているそうです。

 

この日(7/1)も月下美人が多く展示されていて、大勢の方が来園されていました。

私はこの月下美人を実際に見るのは初めてでしたが、

大きく、きれいで、とてもいい香りがする花でした。

 

gekka.jpg

 

 

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、

月下美人の開花は一年に一晩の数時間だけ(二回以上開花する場合もあるそうです)なので、

そうそうお目にかかれるものではありません。

 

今回、たまたま近くに来ていた時にこの展示を知り、見ることができたので

とてもラッキーだったと思います。

(来場者の中には毎年のように来られている方もいらっしゃったようですが)

 

ところで、この月下美人は頑張れば個人で育てて開花させることも可能のようです。

ただし、育成にはそれなりに忍耐が必要なので、私には無理だと思いますが…(笑)

ソフトクリーム

サンリツ盛岡支店

暑~い季節がやってきました

ここは岩手 花巻のマルカンデパート

ここの名物『ソフトクリーム その高さは 10段 25cm


 

17-04-16-13-30-16-364_photo.jpg

 

持って食べるには少々不安定な気もしますが、みんな割り箸で食べるという暗黙のルールがここにはあります。

 

お味はというと、これだけの量をたいらげるにちょうどいい濃さで、あっという間の完食。

 

ミルク味のしっかりした美味しいソフトクリームです。

 

お値段はと言うと  180円

 

しかしながら、混み合っているときは50分待ちというときも・・・。

 

 


名木100選

サンリツ九州支店

 

九州支店の近くにある老松宮にあるクスノキを紹介します。このクスノキは佐賀名木100選に選ばれた名木です。

さが名木100選⑬

推定樹齢:500年

樹  高:  27m

幹 回 り:   7.5m

枝 張 り:    27m

 


01.jpg02.jpg03.jpg

 

鳥栖市内には県、市登録合わせて97本の名木・古木が所在し、そのうち3本が「さが名木百選」に選ばれているそうです。

海王丸パーク

サンリツ工事部

 

 

夜の海王丸パークからの、新湊大橋です。

 

 

DSC_0696.JPG

 

船も、ライトアップされてとてもきれいですよ。

イケメン?

サンリツ名古屋支店

DSC_1192.JPGDSC_1195.JPG

 

 

 

 

東山動植物園が80周年を迎え

話題にもなっていましたので家

族で出かけてみました。

当日は駐車場待ち渋滞が発生

する程、激混み。

ライオン、コアラも人気でした

が一番の人だかりだったのが

イケメンゴリラと有名な

「シャバーニ」でした。

 

表情豊かであいきょうたっぷり

なゴリラでしたが、ゴリラの

イケメン基準が分からないのは

私だけでしょうか?

 

 

 

何はともあれ久しぶりに童心に

なった日でした・・・

 

 

 

 



 

 


 

富士山

サンリツ工事部

18118601_1248200045293166_813308802562044330_n.jpg富士山がきれいに見えました

瑞龍寺ライトアップ

サンリツ本社

4月29日~5月1日に高岡市の瑞龍寺で春のライトアップと門前市が開催されました。

 

山門.jpg本堂.jpg

 

瑞龍寺を簡単に説明すると400年前(1614年)に建てられたお寺なのですが、

現在富山県で唯一の国宝(仏殿、法堂、山門)となっており、

年に何回かライトアップが行われています。

 

なお、このライトアップでは山門の左右の壁面をスクリーンに見立てた

プロジェクションマッピング上映も行われました。

ライトアップ自体もそうですが、この上映も非常に美しく幻想的でした。

 

 

山門P1.jpg山門P2.jpg

 

もし、ご覧になりたい方はおそらく夏の盆近くに行われますのでチェックしておいてください。

 

ところで奥の法堂には烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)と呼ばれる

火神、厠(かわや)の神様が祭られています。

別名「トイレの神様」と呼ばれているそうですが、

たぶん数年前にヒットした楽曲の影響と思われます(笑)

法堂内は撮影NGなので写真はありませんが、こちらはいつでも拝観することができます。

ホタルイカ

サンリツ工事部

富山湾のホタルイカは普段、水深約200m~600mの深海に生息し、
毎年3月から6月上旬にかけて、夜になると産卵のため海岸近くまで大群となって押し寄せてきます。
日本近海で海岸近くまで大群をなして集まるのは富山湾だけであり、

ホタルイカの寿命は、ほぼ1年とされ
皆さんが食べている富山湾のホタルイカの殆どがメス(♀)のホタルイカです。
オス(♂)は深海で交尾後一生を終えます。


※ 兵庫県や鳥取県の様な底曳き網漁の場合は、オス(♂)や産卵前のメス(♀)も捕れます。


ホタルイカは、大陸棚の縁辺が湾入した場所に集まり産卵します。

産卵を終えたホタルイカが海岸に打ち寄せられる事を「ホタルイカの身投げ」と言います。
身投げをしなくても海中で死んでしまいます




ホタルイカの卵



【発光の秘密】

ホタルイカは体に大小数多くの発光器を持っています。
4番目の腕の先にある大きな発光器は、敵に襲われたり、網にかかったりすると強く光ります。
また、胴体の表面には小さな発光器が約1000個もあり、それらは自分の影を消して、外敵から身を守る目的で発光すると考えられています。
定置網で引き揚げる際にホタルイカが青白く発光する光景は、まるで蛍が乱舞しているかのようであり、実に幻想的で、富山湾の春の風物詩となっています。



【発生の仕組み】

日が沈み、徐々に暗くなる光を感知してホタルイカが深海から浮上、月の光が海中に差して生じる偏光を頼りに移動する。
だが、月明かりのない新月では偏光を見失って、深海に戻れず、海底からの湧昇(ゆうしょう)流(上昇海流)で海岸寄りに運ばれる。

 

【今年の収穫】

今年も漁が始まり、沖では順調に漁獲高をあげていますが、一般人の漁獲はいまいち、去年は一晩で2000杯も掬う(すくう)ったが、今年は一晩で450杯が最高でした。

捕りたて、まだ生きてます。


IMG_20170326_031909.jpg きれいに4~5回洗い内臓とゲソは捨てて
刺身の完了です。
コリコリ美味しいです。( ^^) _U~~

IMG_20170326_055436.jpg 寄生虫を食べて育つため、沸騰したお湯で
4分~6分煮込みます。
酢味噌和えで、絶品です。

IMG_20170326_062915.jpg

まだまだ、とれるのですが今年は終了です、

ホタルイカの全長が、8センチ~13センチほどまで大きくなっていますので、

イカ自体の味が4月初めよりも、だいぶ大味になってきております。

だから、終了です。

また来年寝不足と戦います。

 


 

バスケプロリーグ

サンリツ工事部

プロバスケットボールの試合が地元で開催され、家族で富山グラウジーズの観戦をしました。

さすがプロですね!白熱したプレーが多く、息子たちも興奮冷めやらぬといった感じです!


フリースロー.JPG
ハーフタイムでは煌びやかな衣装をまとい、照明と歓声の中ハーフタイムショウが行われています。
開会式.JPG今期からはリーグ統合され厳しい戦いとなり、1部リーグ残留を掛けた争いとなっています。
興味のある方は足を運び是非とも応援お願いします!(試合は全国各地で行っています)

全日本チンドンコンクールを知っていますか?

毎年4月初旬富山市に全国のチンドンマンが大集合します。 

チンドン1.JPGチンドン2.JPGコンクールの始まりは60数年前にさかのぼります。昭和20年の富山大空襲により、市街地は壊滅状態となりました。その後、廃墟からいち早く立ち上がり、市の復興がほぼ完成した昭和30年、富山市に明るさと平和感を与えようと、富山商工会議所や富山市の発案で「全国チンドン・コンクール」というユニークなイベントが誕生しました。このイベントは、全国のプロのチンドンマンがその技と アイデアを競う全国唯一のコンクールとして話題を呼んでいます。 全国に鳴り響く『チンドン』の音色。人と人のふれあいの街角に、郷愁のメロディと笑いの渦が巻き起こります。

HOME » スタッフブログ