製品情報

FFジョイント

HOME » 製品情報 » その他の製品 » FFジョイント

FFジョイント

FFジョイント

FFジョイント

FFジョイント

FFジョイント

FFジョイント

FFジョイント

  • FFジョイント
  • FFジョイント
  • FFジョイント
  • FFジョイント
  • FFジョイント

FFジョイント

その他の製品

電気通信用ハンドホール継手

FFジョイント

これからは、ハンドホールも耐震の時代です!

継手自体に可とう性能をもたせます(業界初!)
本体がゴム製であるため継ぎ手自体に可とう性能(±15゜以上)があり、ハンドホールとFEP管の縁切れを防止することができ、耐震性に優れます!
現場の水で苦労された方に朗報です!
追加の部材なしで優れた水密性!
水の多い場所、水位の高い場所、施工条件の厳しい現場でもかんたんに止水できます!
かんたん施工で水密性能を発揮します!
外水圧0.06MPa、30分間に耐える止水性能を発揮します!
モルタル、エポキシなどの接着剤は一切不要です!
高価なエポキシなど追加部材はありません!特殊な工具も不要です! FEPは螺旋形状のもの、螺旋形状でないもの問わず使用できます!

製品概要

FFジョイント 部材の説明 FFジョイント概念図2
適応削孔径
適用管種 FEP(波付硬質合成樹脂管)
呼び径 φ30 φ40 φ50 φ65 φ80 φ100
削孔径(mm)-1~+4 60 75 90 110 130 160
適用壁厚
ショートタイプ 80mm未満 ロングタイプ 150mm未満

NETIS 登録商品 (登録番号:HR-110014-A)

FF-netis.gif

東日本大震災で耐震性が確認されました。

岩手県盛岡市内の施設で、耐震性が確認されました。 (従来の工法ではベルマウスの破損や浸水が見られました)

性能評価

財団法人 日本品質保証機構(JQA)試験成績書

FF証明書 財団法人 日本品質保証機構による現地確認試験内容は以下の通りです。
  1. ハンドホールと本管とをFFジョイントを用いて接続。試験体を外水圧試験機に取り付ける。
  2. 外水圧試験機に水道水を注入し、水圧を0.06MPaに調節し30分間保持する。
  3. 30分経過した後、壁接合部からの漏水の有無を目視にて確認する。
  4. 下記の条件で固定
      Fパッキン 呼び径80 本管位置正常
    • TKパッキン 呼び径80 本管位置正常
    • Mパッキン 呼び径80 本管位置正常
    • 上記いずれの条件でも壁接合部からの漏水を認めなかった。

削孔面の清掃 STEP 1

 

削孔面を清掃します。
※段差等がある場合は補修してください。

本体ゴムの取付 STEP 2

 

本体ゴムのブチルテープ及び両面テープの離型紙を剥がし、ハンドホール内側から削孔面にセットします。
※ハート型に丸めるとセットしやすくなります。

ベルマウスを挿入 STEP 3

 

ベルマウスを挿入し、ハンマーでベルマウスを上下左右と均等に打ち込みます。
※ベルマウスを水で濡らすと挿入しやすくなります。
※打ち込み後、ベルマウスの『ゆるみ』がないことを確認してください。

FEPの取付 STEP 4

 

切管を行い、FEP を清掃し付着物がないことを確認してください。
その後、FEP にパッキンを規定の位置までねじ込みます。
※切管はハンドホール内側から10mmの位置です。

FEP挿入 STEP 5

 

FEPを本体ゴムにパッキンのストッパーの所まで挿入します。

ステンレスバンド締め込み STEP 6

 

ステンレスバンドをボックスドライバーで締め込み確認位置シールの「↑」位置まで締め込みます。
※締め込みがゆるく感じられる場合は増し締めしてください。

各種資料のダウンロード

この製品の各種資料のダウンロードはこちら

関連リンク

お問い合せ(クリックでフォームが開きます)

HOME » 製品情報 » その他の製品 » FFジョイント

サンリツYoutubeチャンネル

サンリツスタッフブログ