製品情報

メカロック支管V型

HOME » 製品情報 » 管渠用支管継手(メカロック、FL支管シリーズ) » メカロック支管V型

メカロック支管V型

メカロック支管V型

メカロック支管V型

メカロック支管V型

メカロック支管V型

メカロック支管V型

メカロック支管V型

  • メカロック支管V型
  • メカロック支管V型
  • メカロック支管V型
  • メカロック支管V型
  • メカロック支管V型

メカロック支管V型

管渠用支管継手(メカロック、FL支管シリーズ)

下水道管渠用支管継手

メカロック支管V型

適応管種
塩ビ管(VU) 塩ビ管(VP) 陶管(CP) ヒューム管(HP) ハイセラミック管(HC)

管種別対応表一覧

製品概要

メカロック支管V型概念図(1)

取付所要時間 90秒

耐久性
  • 樹脂部分はすべてABS樹脂を使用していますので、耐久性に大変優れています。
  •  二つのツメ(断面図C)が本管と 支管本体を固定して、支管本体のズレ・離脱を防止します。
  • 止水性
  • ハンドル(断面図A)で機械的に締め込むことによって、ゴムパッキン(断面図B)が本管に押圧され確実に止水します。
  • 本管偏平5%の状態で、外水圧、内水圧ともに0.1MPaに耐える止水性を有します。
  • 施工性
    • 取付後の養生時間はゼロ。すぐに埋め戻しができますので、工期の短縮にも貢献します。
    • ツメをセットし、ハンドルをストッパー位置まで回すだけですので、初心者でも作業ムラなく容易に施工できます。
    • 番線・接着剤・接合剤・特殊工具などを使用しませんので、雨天や湧水地での取付作業にも支障がありません。
    • 取付菅の後付け施工にも最適です。
    管種別対応表(単位:mm)
    管種製品番号 サイズ
    本管×取付菅
    適応せん孔径
    塩ビ管(VU) ML-VU1510-V 150×100 118~122
    ML-VU2010-V 200×100
    ML-VU2015-V 200×150 168~172
    ML-VU2515-V 250×150
    ML-VU3015-V 300×150
    塩ビ管(VP) ML-VP1510-V 150×100 118~122
    ML-VP2010-V 200×100
    ML-VP2015-V 200×150 168~172
    ML-VP2515-V 250×150
    ML-VP3015-V 300×150
    陶管(CP) ML-CP2010-V 200×100 118~122
    ML-CP2015-V 200×150 168~172
    ML-CP2515-V 250×150
    ヒューム管(HP) ML-HP2010-V 200×100 118~122
    ML-HP2015-V 200×150 168~172
    ML-HP2515-V 250×150
    ハイセラミック管(HC) ML-HC1510-V 150×100 118~122
    ML-HC2010-V 200×100
    ML-HC2015-V 200×150 168~172
    ML-HC2515-V 250×150
    パーフェクトパイプ(PP) ML-PP2015-V 200×150 168~172

    取付歩掛け・・・塩ビ管は0.02人/ヶ所(特殊作業要員)。その他管種に関しては別途お問合せ下さい。

    本管のせん孔・清掃 STEP 1

     

    塩化ビニル管・継手協会の施工手順に準じて、ホールソーでせん孔し、ヤスリ等でせん孔屑をきれいに取り除き、本管表面をウエス等できれいにします。
    適応せん孔径 φ100…118~122㎜/φ150…168~172㎜

    メカロック支管V型のセット STEP 2

     

    せん孔位置に合わせてメカロック支管V型をセットします。
    ※接着剤などは使用しないでください。

    ツメのセット STEP 3

     

    ツメをやや引き上げながら両側へ広げて、確実にセットします。
    ※ツメが確実に収まったか、確認してください。

    ハンドルの締め込み STEP 4

     

    封印シールをはがして、ハンドルを一回転半(時計回り)させ、ストッパー位置まで締め込みます。 ※ストッパー位置ではハンドルの矢印「↑」と取付管受口の矢印「↓」が合います。

    取付管の接続 STEP 5

     

    ①取付管端の面取りを行い、差込標準線をマジックインキなどで表示します。
    ②滑剤をゴム輪、差口に塗布します。
    ③取付管を標準線位置まで挿入します。

    各種資料のダウンロード

    この製品の各種資料のダウンロードはこちら

    関連リンク

    お問い合せ(クリックでフォームが開きます)

    HOME » 製品情報 » 管渠用支管継手(メカロック、FL支管シリーズ) » メカロック支管V型

    サンリツYoutubeチャンネル

    サンリツスタッフブログ