製品情報

スペーサージョイント N3

HOME » 製品情報 » マンホール用耐震性止水継手(小・中口径シリーズ) » スペーサージョイント N3

スペーサージョイント N3

スペーサージョイント N3

スペーサージョイント N3

  • スペーサージョイント N3

スペーサージョイント N3

マンホール用耐震性止水継手(小・中口径シリーズ)

下水道マンホール用耐震性継手

スペーサージョイント N3

適応管種
塩ビ管(VU・VP・VM) リブ管(PRP) ヒューム管(HPB・C) ハイセラミック管(HC)

「小口径管用」「リング拡径タイプ」

あらゆる管種に対応します。
  • V字二重筒状構造の本体ゴムと、独自の断面形状を有する中押リング(拡張バンド)の組合せによりマンホールと本管接合部を地震から守ります。
  • 抜群の止水性能は、地下水を汚染しない環境に優しい継手です。
レベル2 地震動に適応
レベル2地震動に適応する性能としては、屈曲角1°かつ管軸方向の変位±60mmの変位が生じても、外水圧0.10MPa及び内水圧0.05MPaの水圧に耐えうる止水性を有します。
優れた可とう性
  • 【屈曲変位】15°(リブ管では10°)
  • 【垂直変位】±20mm(リブ管では±10mm)
  • 【水平変位】±60mm
耐久性の優れた素材
  • 本体ゴム材質EPDMは、特に耐候性・耐薬品性に優れ、物理的性質はJIS K 6353 水道用ゴムIV類規格に準ずるものです。
  • 拡張バンド・締付バンドともSUS材を使用しています。
施工性
  • 短時間で取付けが可能です。(即埋め戻しが可能です)
  • 雨天でも施工可能です。(接着剤・シール剤は不要)
  • 取付作業は専用治具を使用しますので、初めてでも簡単に取り付けできます。

管種別対応表一覧

製品概要

管種別対応表(単位:mm)
管種 呼び径符号 管外径 タイプ 適応削孔径 備考
塩ビ管用
(VU・VP)
100A 114 R 210
100B 206
125A 140 R・F 262
125B 252
150A 165 R・F 262
150B 252
200A 216 R・F 314
200B 304
250A 267 R・F 366
250B 356
300A 216 R・F 420
300B 410
350A 267 R 474
350B 464
リブ管用
(PRP)
150A 171 R・F 262
150B 252
200A 228.8 R・F 314
200B 304
250A 286.2 R 366
250B R・F 356
300A 343.6 R 420
300B R・F 410
ヒューム管用
(HP)
150A 202 R・F 314
150B 304
200A 254 R・F 366
200B 356
250A 306 R・F 420
250B 410
300A 360 R 474
300B 464
ハイセラミック管用
(HC)
150A 178 R・F 314
150B 304
200A 237 R・F 366
200B 356
250A 296 R・F 420
250B 410

Rはジョイント本体取付面がR形状のもの
Fはジョイント本体取付面がフラット形状のもの

性能評価

N3性能評価

マンホールへの取付(共通) STEP 1

削孔面の清掃・確認

削孔面のほこりなどをウェスで拭取ります。くぼみや段差がある場合は補修して下さい。削孔径が適正か確認して下さい。

マンホールへの取付(共通) STEP 2

本体ゴムをセット

本体ゴムの↑印を上にしてストッパー位置まで押し込みます。セット後筒部をマンホール内に折り返します。

マンホールへの取付(共通) STEP 3

専用治具をセット

中押しリングが定位置にあることを確認し、取付治具のツメを中押しリングに装着します。

マンホールへの取付(共通) STEP 4

拡張バンド拡径後の状態

中押しリングがロックしたらOKです。先端部分の凹凸がかみ合っていることを確認します。

塩ビ管・ヒューム管・ハイセラミック菅 STEP 1

本管セット

本体ゴムの筒部を外側に戻し、防護リングを本体に預け、本管を挿入して下さい。

塩ビ管・ヒューム管・ハイセラミック菅 STEP 2

バンドの締め付け

締め付けバンドを締めます。ボックスレンチなどでしっかり締めて下さい(締め付けトルク5~7N・m)

塩ビ管・ヒューム管・ハイセラミック菅 STEP 3

防護リングのセット

防護リングを隙間に挿入して下さい。本体ゴムの保護および、可とう部が土砂などで埋まらないようにします。

塩ビ管・ヒューム管・ハイセラミック菅 STEP 4

バックアップ材の挿入

本体ゴムと本管の間にバックアップ材を挿入します。

塩ビ管・ヒューム管・ハイセラミック菅 STEP 5

本管の位置決め

本館の位置決めにはキャンバーなどを使うと便利です(キャンバーは別売)

リブ菅 STEP 1

本管セット

本体ゴムの筒部を外側に戻し、防護リングを本体に預け、本管をセットして下さい。止水ゴムリング(付属品)が締め付けバンドの位置に来るようにして下さい。

リブ菅 STEP 2

バンドの締め付け

2本の締め付けバンドは交互にしっかりと締め付けます。ボックスレンチなどでしっかり締めて下さい(締め付けトルク5~7N・m)

リブ菅 STEP 3

防護リングのセット

防護リングを隙間に挿入して下さい。本体ゴムの保護および、可とう部が土砂などで埋まらないようにします。

リブ菅 STEP 4

バックアップ材の挿入

本体ゴムと本管の間にバックアップ材を挿入します。

リブ菅 STEP 5

本管の位置決め

本館の位置決めにはキャンバーなどを使うと便利です(キャンバーは別売)

各種資料のダウンロード

この製品の各種資料のダウンロードはこちら

関連リンク

お問い合せ(クリックでフォームが開きます)

HOME » 製品情報 » マンホール用耐震性止水継手(小・中口径シリーズ) » スペーサージョイント N3