製品情報

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

HOME » 製品情報 » マンホール用耐震性止水継手(小・中口径シリーズ) » スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

  • スペーサージョイント DR 【推進工法用】
  • スペーサージョイント DR 【推進工法用】
  • スペーサージョイント DR 【推進工法用】
  • スペーサージョイント DR 【推進工法用】
  • スペーサージョイント DR 【推進工法用】

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

マンホール用耐震性止水継手(小・中口径シリーズ)

下水道マンホール用耐震性継手

スペーサージョイント DR 【推進工法用】

適応管種
塩ビ管(VP・VM) レジン管(RS) ヒューム管(HPD) レジン管(RM・RT) 強プラ管(FRPM)

マンホール内側からステンレスバンドの締め付け作業をなくしました。

レベル2地震動に対応
屈曲角1°かつ本管水平移動±60mmの状態で、外水圧0.1MPa・内水圧0.05MPaに耐える止水性を有します。
優れた可とう性・伸縮性
屈曲角8°、垂直変位±10mm、本管水平移動±60mmの可とう性・伸縮性を有します。
優れた施工性・止水性
管口ステンレスバンドの締め付け作業は必要ありません。
あらゆる推進工法に対応
ケーシング立坑・既設人孔到達・現場打ち人孔のいずれの場合も取付可能です。
ベンドサイフォンにもシールド工法にも対応します

管種別対応表一覧

製品概要

dr-partsimage-01.gif dr-partsimage-02.gif
管種別対応表(単位:mm)
本管管種 タイプ 呼び径 管外径 適応削孔径
推進工法用
塩ビ管
(VP、VM)
Vタイプ 150 165 252以上
200 216 304以上
250 267 356以上
300 318 410以上
350 370 464以上
400 420 526以上
450 470 584以上
500 520 644以上
600 630 760以上
推進工法用
レジン管
(RS)
Hタイプ 200 260 356以上
250 310 410以上
300 360 464以上
350 414 526以上
400 470 584以上
450 526 644以上
500 584 760以上
600 692 886以上
700 800 1002以上
本管管種 タイプ 呼び径 管外径 適応削孔径
推進工法用
ヒューム管
(HP-D)
推進工法用
レジン管
(RM、RT)
Hタイプ 250 360 464以上
300 414 526以上
350 470 584以上
400 526 644以上
450 584 760以上
500 640
600 760 886以上
700 880 1002以上
800 960 1120以上
900 1080 1234以上
1000 1200 1346以上
1100 1310 1574以上
1200 1430 1660以上
1350 1600 1860以上
1500 1780 2030以上
1650 1950 2214以上
1800 2120 2384以上
2000 2350 2620以上
2200 2580 2850以上
2400 2810 3080以上
2600 3040 3310以上
2800 3270 3540以上
3000 3500 3770以上

●上記以外のサイズ及び管種については別途お問い合わせ下さい。


性能評価

DR-性能評価

財団法人下水道新技術推進機構 建設技術審査証明(下水道技術)

財団法人下水道新技術推進機構が「建設技術審査証明(下水道技術)」に基づいて平成20年3月6日に審査証明された内容は以下の通りです。

  • マンホールと本管の接続部は、次のそれぞれの条件で外水圧0.10MPaおよび内水圧0.05MPaに耐える止水性を有する。
    1. 屈曲角 8° ㈪管軸直角方向の変位±10mm
    2. 屈曲角1°かつ 管軸方向の変位±60mm
  • 使用する部材は、それぞれ次のような物性を有する。
    1. 本体ゴムは JIS K 6353「水道用ゴム」IV類に準拠した物性を有する。
    2. 鋼製管及び管口リングはSUS製品の場合はJISG 4303に準拠した化学成分及びJISG4305に準拠した機械的性質を有し、SS製品の場合はJISG 3101の化学成分及び機械的性質を有する。
    3. ステンレスバンドは JIS G 4303に準拠した化学成分を有する。
  • マンホールへの取付けは、下記の時間内で完了できる。
    Vタイプ:45分以内  Hタイプ:50分以内
適応範囲
硬質塩化ビニル管(推進工法用) 呼び径 150〜600
レジン管(RS管) 呼び径 200〜700
鉄筋コンクリート管(推進工法用) 呼び径 250〜3000
レジン管(RM管・RT管) 呼び径 250〜3000

ケーシング立坑・既設人孔到達(Vタイプ) STEP 1

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)

本管位置を決めた後。本管の面取りを行ない、削孔面と本管を清掃します。

ケーシング立坑・既設人孔到達(Vタイプ) STEP 2

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)

本体ゴムを防護リングと接続し、シール材の離型紙をはがします。
※既設到達の場合は防護リングを使用しません。

ケーシング立坑・既設人孔到達(Vタイプ) STEP 3

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)

添付の滑剤を塗布し本体を押し込みます。

ケーシング立坑・既設人孔到達(Vタイプ) STEP 4

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)

鋼製管と削孔面の間に、止水モルタル・エポキシ型接合剤の順で充填し、バックアップ材を挿入します。その後目地仕上げを行ないます。

推進工法ヒューム管 ケーシング立坑・既設人孔到達(Hタイプ) STEP 1

 

本管位置を決めた後。削孔面と本管を清掃します。

推進工法ヒューム管 ケーシング立坑・既設人孔到達(Hタイプ) STEP 2

 

本体ゴムを防護リングと接続し、シール材の離型紙をはがします。
※既設到達の場合は防護リングを使用しません。

推進工法ヒューム管 ケーシング立坑・既設人孔到達(Hタイプ) STEP 3

 

本管と管口リング・鋼製管と削孔面を止水モルタル・エポキシ接合剤の順で充填し、接合します。

推進工法ヒューム管 ケーシング立坑・既設人孔到達(Hタイプ) STEP 4

 

バックアップ材を本管ゴムと鋼製管の間に挿入します。その後目地仕上げを行ないます。

現場打ち人孔(Ⅴタイプ・Hタイプ) STEP 1

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)・推進工法ヒューム管(Hタイプ)

本体を取り付けます。

現場打ち人孔(Ⅴタイプ・Hタイプ) STEP 2

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)・推進工法ヒューム管(Hタイプ)

バックアップ材を本管ゴムと鋼製管の間に挿入します。

現場打ち人孔(Ⅴタイプ・Hタイプ) STEP 3

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)・推進工法ヒューム管(Hタイプ)

キャンバーで製品を固定します。

現場打ち人孔(Ⅴタイプ・Hタイプ) STEP 4

推進工法用塩ビ管(Vタイプ)・推進工法ヒューム管(Hタイプ)

シール材の離型紙をはがし、型枠を組んだのち生コンを打設します。

各種資料のダウンロード

この製品の各種資料のダウンロードはこちら

関連リンク

お問い合せ(クリックでフォームが開きます)

HOME » 製品情報 » マンホール用耐震性止水継手(小・中口径シリーズ) » スペーサージョイント DR 【推進工法用】

サンリツYoutubeチャンネル

サンリツスタッフブログ